2000円台半ば

日本ワイン辞典

長野/城戸ワイナリー オータムカラーズ ルージュ2021

長野・城戸ワイナリーのオータムカラーズ ルージュ2021は、ラズベリーの生き生きとした果実味・酸味と黒ベリーの感じがちょっと、そして樽のキャラメル感が絶妙なバランス。口あたりのまろやかさと優しさに感動するメルロー主体のライトな赤。
日本ワイン辞典

長野/LES VINS VIVANTS シードル みずいろ2020

長野・LES VINS VIVANTSのシードルみずいろ2021は、青りんごの味わいながら少し熟れた雰囲気あり、果実味を感じつつも酸味はかなり高め。最後は澱が混じり合い美味しさピークに❣️生き生きとした泡がポイントのフレッシュなシードル。
日本ワイン辞典

長野/LES VINS VIVANTS ベリーA発光体2021

LES VINS VIVANTS ベリーA発光体2021は、マスカット・ベーリーAにガメイを見た醸造家が、ボジョレ・ヌーボと同じ製法でMBAを醸してみたワイン❗️プラムやブラックベリーのイメージ。超ライトだが枯れた葉の印象もあり、面白い。
日本ワイン辞典

北海道/ドメーヌ・ユイ T2+4+5  ペティアンロゼ メトド アンセストラル 2021

北海道・ドメーヌ・ユイのT2+4+5 ペティアンロゼ 2021は、泡の感じが、かわいい見た目よりもダイレクト。味わいは、ラズベリーメインのベリーの酸味と苦味、ほんのかすかな甘み。酸味は強いけれど心地よく、普段の食事に合わせやすいロゼ泡。
日本ワイン辞典

滋賀/ヒトミワイナリー BUBBLY TENDER cuvee STEUBEN 2020

滋賀・ヒトミワイナリーのBUBBLY TENDER cuvee STEUBEN2020は、山形県産スチューベンの微発泡赤。意外と優しい泡あり。ブラックチェリーやプラムの果実味と微かな甘味を感じます。酸味は少しあるも深く奥まった雰囲気。
日本ワイン辞典

東京/東京ワイナリー 東京ワイン 国分寺産デラウェア2020

東京ワイナリーの東京ワイン・国分寺産デラウェア2020は、水のようにナチュラルな生ワイン。レモンやグレープフルーツの果実味と酸味、ライムの緑、最後に蜂蜜の甘みを感じます。完熟前のデラウェアのキリッとした酸があり、最後のジューシー感が心地よい。
日本ワイン辞典

北海道/ドメーヌ・ユイ T3+5 ロゼ2020

北海道・余市のドメーヌ・ユイT3+5ロゼ2020は、若木と古木のキャンベル・アーリーのキュベを別々に熟成しブレンド。ラズベリーの果実味と酸味が強めで、タンニンと軽い渋みあり。アセロラのイメージ感じつつ、微かな樽の雰囲気と深い甘みがあり〼。
日本ワイン辞典

北海道/ドメーヌレゾン 余市シャルドネ 2019

北海道・ドメーヌ・レゾンの余市シャルドネ2019は、レモン、グレープフルーツに、和のオレンジ、橙のような柑橘の果実味・酸味と、少し枯れた乾いた苦味とタンニン、渋みを軽く感じ、ほんの少しだけ蜂蜜のような印象。冷涼感ある溌剌としたシャルドネ。
日本ワイン辞典

山梨/旭洋酒 ソレイユ ヴー ブラン2020

山梨・旭洋酒のソレイユ ヴー ブラン2020は、減農薬・肥料で育てた千野ヤマヂ一甲州種100%。グレープフルーツ、ポンカン、はっさく、文旦の果実味、酸味のほか、すだちやカボス、ライムっぽい青っぽい苦味を感じる口あたり優しい無濾過生詰の白。
日本ワイン辞典

北海道・小樽/OSA WINERY  O(オー)2019 

北海道・OSA WINERYのO(オー)2019は、デラウェア92%、旅路8%。苦味のあるグレープフルーツやライムの果実味と、ペパーミントやレモングラスのハーヴの雰囲気。デラウェア主体だが、旅路の苦味とハーヴの感じが特徴的なナチュラル系白。
タイトルとURLをコピーしました