滋賀/ヒトミワイナリー BUBBLY TENDER cuvee STEUBEN 2020

滋賀/ヒトミワイナリー BUBBLY TENDER cuvee STEUBEN 2020

1年300日以上は日本ワインを飲んでいるFrog🐸です。
「ただ飲む人」ですが、日本ワインが好きすぎて❤️、ほぼ毎日のように飲んでいる日本ワインのレビューが400種を超えました。
今回は、滋賀県の「ヒトミワイナリー BUBBLY TENDER cuvee STEUBEN 2020について飲んでみた感想をお伝えしたいと思います。

商品スペック

滋賀県
ワイナリー ヒトミワイナリー
ワイン名 BUBBLY TENDER cuvee STEUBEN 2020
品種 山形産スチューベン100 %
ALC度数 11%
収穫年 2020年
価格 2420円(税込)

ワイナリーコメント

山形県産スチューベンを使用しています。野生酵母による瓶内二次醗酵で“やさしく泡して”ます。清澄・濾過を行っていないので成分などが沈殿しますが、身体を害するものではありません。酸化防止剤を使用しておりませんので、冷暗所での保存をお願い致します。

よく熟したスチューベンをマセラシオンカルボニック法で仕込みました。
醗酵終了後少し落ち着かせた後にオリ引きを行い、糖分添加後に瓶詰めを行った瓶内二次醗酵の微発泡性ロゼです。
微発泡ですが、にごり成分を多く含んでいるため、冷やしが足りなかったりオリが舞っている状態で開栓すると噴きこぼれる場合があります。冷蔵庫等で瓶を立てた状態でよく冷やしてから開栓をお願い致します。
抜栓直後の香りは少し閉じ気味で全房醗酵由来の青さを感じますが、空気を含むとスチューベン特有の爽やかな香り、味わいをしっかり感じて頂けます。夏の昼呑みに是非!

Frog🐸が「ヒトミワイナリー BUBBLY TENDER cuvee STEUBEN2020」を飲んでみた❗️

見た目

色合いは、薄いルビー色で少しオレンジがかったような印象もあります。透明度は高めですが、透過度の30-40%位の雰囲気です。

グラスに注ぐと、泡はまずまずの勢いで上がってきますが、すぐに収まります。ただよくよく見ると、とっても細かい泡がずっと断続的に下から上がってきています。

香り

香りは、ベリーとグレープの柔らかくて甘い雰囲気が鼻腔をくすぐります。優しい香りです。泡立ちと同時に、ベリーの酸味を感じます。

味わい

微発砲という表記よりは、炭酸を強めに感じますが、お名前どおり”泡が優しい”です。
香りと違って甘みは微かで、ほとんどありません。

ブラックチェリーやプラムなどのベリーの果実味と微かな甘味を感じます。酸味もありますが、もう少し深く奥まった雰囲気。
キャンベルアーリーと比べると、アセロラ感がないというか、もう少し柔らかくて奥深い感じがするのがスチューベンの特徴でしょうか。アセロラは少し横に拡がる印象があるのですが、こちらは縦に入っていく感じです。喉越しがかなりドライで心地よく、この残暑にぜひ飲みたいワインです。

タンニンを少し感じますがそこまで主張していません。

今日の食卓もそうなのですが、ひと通り食事を終えた後のチーズのお供としても、結構良い感じです。今宵は”北海道・共同学舎新得農場のフレッシュチーズ、プチ・プレジール”と(久しぶりにお見かけしたので買ってみました)。このチーズも、食べる時によってホロホロしてたり、硬かったりする時もあるのですが、今日はしっとりとしていて、また新たなおいしさを発見した感じです。

Frog’s 気に入り度 

Frog’s 気に入り度 3.7Frog🐸🐸 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました