3000円台

日本ワイン辞典

⭐️ちょっと贅沢/岡山/Domaine tetta Muscat Bailey A MC Perlant 2019

岡山・Domain tettaのMuscat Bailey A Perlant 2019は、マスカット・ベーリーA100%の微発泡赤。舌のピリピリ感が心地よい。ブルーベリー、ラズベリー、コケモモなどベリーの果実味、酸味、タンニンが良い感じ。
日本ワイン辞典

⭐️ちょっと贅沢/岡山/Domaine tetta Petillant Rose 2018

岡山・Domain tettaのPetillant Rose2018は、泡の感じが繊細で気持ちよい。赤いベリーの果実味と複雑味が結構深い感じで、オトナ女子な感じのエレガントなロゼ泡。お値段のわりにゴクゴク飲めちゃうので、ご注意を❗️
日本ワイン辞典

⭐️ちょっと贅沢/山梨/旭洋酒  それいゆシラー2018

山梨・旭洋酒のそれいゆシラー2018は、日本のシラー100%の上品な赤。苦味の濃いチョコレート&タバコっぽいスモーキー感の後プラムやチェリーの果実味と酸味が登場、ダークで奥深い味わいです。味わいあるも、重すぎないライトミディアムな赤。
日本ワイン辞典

⭐️ちょっと贅沢/山形/酒井ワイナリー 灰鷹(ハイタカ)2018

山形・酒井ワイナリーの灰鷹2018は、カベルネ・ソーヴィニヨン100%。プラムや干葡萄のイメージ。黒すぐりっぽい果実味から、フィニッシュにかけて酸味ある赤黒っぽい果実味へ。果実味と軽快な渋み、タンニンのバランスがよいナチュラルな赤ワイン。
日本ワイン辞典

⭐️ちょっと贅沢/山梨/ドメーヌヒデ  しろしろピンク2019

山梨・ドメーヌヒデ のしろしろピンク2019は、かすかな甘みとベリーの甘苦さ、ちょっとした果実味を感じる心地良いロゼ。ほろ苦甘いベリーの果実味のほかタンニンや渋みも感じる大人の辛口ロゼワイン。水のようにナチュラルでスルスルとカラダに滲み入ります。
日本ワイン辞典

⭐️ちょっと贅沢/東京/ブックロード 葡蔵人 デラウェアスパークリング 2020

東京・ブックロード葡蔵人のデラウェアスパークリング2020は、泡の刺激とキレを感じ、軽くマスカットと柑橘の果実感を感じ、最後にほんのちょっとだけ後味に甘みを感じ、すっといなくなる、そんなスパークリング。シンプルで自然な味わいがGood❣️
日本ワイン辞典

⭐️ちょっと贅沢/北海道/ドメーヌ・アツシスズキ Tomo Rouge 2017

北海道・ドメーヌアツシスズキのTomo Rouge2017は、赤黒のベリーをしっかりと感じつつも、コケモモを思わせる優しいふんわりとした雰囲気。乳酸感もあり、瑞々しさを感じるナチュールな赤ワイン。
日本ワイン辞典

⭐️ちょっと贅沢/長野/小布施ワイナリー サンク・セパージュ2019

長野・小布施ワイナリーのサンク・セパージュ2019は、ソーヴィニヨンブランの果実味、酸味、爽やかさ、ハーヴ感を主体としつつも、ミュスカ、ピノブランなど他の葡萄の味わいもあり、熟した果実(洋梨やパイナッブル)の感じとのバランスが素晴らしい奥行きのある白ワイン。
日本ワイン辞典

⭐️ちょっと贅沢/長野/小布施ワイナリー Sogga Pere et fils グラップ アンティエール 

小布施ワイナリーのSogga Pere et Fils グラップ アンティエール(ロゼ・スパークリング)は、シャンパーニュ製法に徹底的にこだわって造ったクオリティの高いロゼ・スパークリング。木苺系のベリーの果実味の味わいと泡の心地よさのバランスが良く、ナチュラルでスーッとカラダに染み入ります❣️
自分にあう日本ワインの選び方

2020年本当に美味しかった、記憶に残る日本ワイン5選〜初めて飲んだよ、このワイン編〜

Frogの最近の好みは、柑橘の果実味、酸味、そして、ジューシー感溢れる白ワインですが、今年出会ったワインで、「そうそう、これが飲みたかったんだ❣️❣️」と思ったワイン5本をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました